FAQ LOGIN 日本語
GREETING UNIQUENESS CLASS PROCESS VOICE LOCATIONS
Inquiry
GREETING UNIQUENESS CLASS PROCESS VOICE LOCATIONS
Inquiry
Inquiry
GREETING UNIQUENESS CLASS PROCESS VOICE LOCATIONS FAQ LOGIN 日本語
2018年04月23日

わかりやすく解説!プリスクールとは?

プリスクールってどんな施設?

本来、英語のpreschoolは幼稚園や保育所の意味ですが、日本では特に英語を基本とした環境で過ごすことを目的とする施設をプリスクールと指します。
プレスクールと呼ばれる事もあるようですが、「プリスクール」という呼ばれ方が多いようです。
プリスクールの運営者はインターナショナルスクールや学習支援事業者など様々です。
英語のネイティブティーチャーと英語と日本語が話せるバイリンガルスタッフで構成されることが多く、学習カリキュラムが設けられています。

プリスクールと英語教室はどう違う?

プリスクールは保育園・幼稚園の要素が多いので、4~5時間という長い時間で設定されていることが多く、 一般的な45~50分のお子様英会話教室とは英語に触れる時間がまったく異なります。
また、一般的なお子様英会話教室では週1回の通学ということが多いですが、プリスクールは週3~5回通うお子様も多くいらっしゃいます。
そのため、お子様英会話教室より、オールイングリッシュの環境にどっぷり浸かるプリスクールに通うほうが、英語力は飛躍的に向上します。

プリスクールのメリットは?

プリスクールでは、オールイングリッシュの環境のもと、お子様が集団で生活するための基礎を学びます。
英語を学ぶのではなく、英語で生活しながら、無理なく英語に親しむことができます。
そのため早期英語教育には非常に効果の高いスクールともいえます。
また、未就園児の場合、幼稚園に通ったときに集団生活になじみ易いメリットもあります。

プリスクールのカリキュラムは?

一般的な保育園よりも、学習カリキュラムに力を入れているスクールが多いのも特徴です。
英語を学ぶのが目的ではなく、英語で生活をしながら、子どもの成長に必要な様々なことを学び、自然と英語を身につけることが基本のコンセプトです。
キッズインターナショナルでは、長年のノウハウを活かした独自のカリキュラムに基づき、お子様が楽しみながら英語を習得できるよう、イラストや色使い、わかりやすさにこだわった教材を提供しています。

↑ ページの先頭へ
© 2011-2020 Kids International.