資料請求

HOME ごあいさつ 特徴 クラス紹介 入会までの流れ お客様の声 センター紹介 BLOG お問合せ English よくある質問 会員ログイン

街中で英語を耳にすると、耳も目もくぎづけになっています

白金台センター
Tくん
(4歳8か月 / アフタースクール 2)
Sちゃん
(3歳4か月 / アフタースクール 1)

一番好きなプログラムは何ですか?

T君:Science(サイエンス)
Sちゃん:スタッフのみんな!

将来の夢を教えてください!

T君:野球とサッカーとゴルフのProfessional Player!
Sちゃん:Kyuranger(スーパーヒーロー)

先生はどんな人ですか?

T君:優しくて楽しい!
Sちゃん:優しい!

Kidsへご通学後お子様がどう変わられ、 英語が身についたと実感されたエピソードはありますか?

お店や電車の中などで、英語で会話しているのが耳に入ると、耳も目もくぎづけ。
親の話も聞こえなくなるくらい、英語に集中しています。
シャイなので自分から話す…とまでは行きませんが、話しの内容は理解しているように思います。
私が英語を無理やり話すと「ママ、発音が違うよ、こうだよ!」と言って正しい英語を教えてくれます。
とても良い耳をもっていると思います。

Kidsの生活の全てが英語である、「ネイティブな環境」についてどのようにお考えですか?

FAから英語に親しんでいた子どもは、日本の区立幼稚園に通い始めた頃「Kidsでは日本語を話したら“No Japanese please”といわれるのに、幼稚園ではみんなJapaneseを話しているのはなんで?」と言っていました。
そのくらい彼にとっては英語での生活が当たり前で、日常になっていたんだと驚かされました。
また、集団生活を通して、家では教えきれていなかったこと、例えば、靴を脱いだら揃える、靴箱に入れる、ランチは残さない等、きちんと身につけてくれたことも、とても大きかったと思います。

外国人の先生、バイリンガル・アシスタントの印象を教えてください。

とても明るく、笑顔が素敵です。
子ども達の好きなことをしっかりと知ってくれていて、とても馴染みやすいです。
(先生が仮面ライダーの変身シーンをやってくれたり、テレビで覚えてくれているのかしら?と感謝しています。)
特に上の子どもですが、先生に憧れて、靴下の色を同じにしてみたり、同じTシャツ、同じズボン、同じ帽子…とにかく憧れの先生に近づきたいという 気持ちが強く、「英語を話したい」というモチベーションに繋がっていると思います。

今後、お子様にどのように英語に関わってもらいたいですか?

とにかく、楽しく、楽しく学んで欲しいと思います。
言語が違っても臆することなく、興味の有る世界に飛び出して欲しいです。

Kidsにお通いいただき、不安な事・大変な事、ご意見・ご要望がございましたらお伝えください。

毎回、入り口でぐずぐず泣いてしまいますが、丁寧に話をきいて、気持ちに寄り添っていただきありがとうございます。
私ども保護者も、子ども達が先生のことをとても大好きで信頼していることが、とてもうれしいです。

Copyright 2011-2015 Kids Internationl. ALL Rights Reserved.