プリスクールを選ぶポイント

スタッフが「日本語」を話をしていないか

英語耳・英語脳を作るためにはオールイングリッシュの環境が最も重要です。スタッフがお子様の前で日本語を話してしまっていては、オールイングリッシュの環境とはいえません。
プリスクールを選ぶ際にはオールイングリッシュの環境が作られているかをしっかり見極めてください。

ネイティブティーチャーがあいさつしてくれるか

ネイティブティーチャーがフレンドリーでないプリスクールは多くあります。
体験レッスンや見学に行った際に、ネイティブティーチャーがフレンドリーにあいさつをしてくれるスクールは、スタッフ教育がよくできているといえるでしょう。

お子様にとって安全な施設であるか

プリスクールに通うにあたり、なによりお子様が安全に過ごせるかどうかは重要なポイントです。
お子様の目線に立った安全対策ができているプリスクールかどうかも、ぜひチェックしてみてください。

トイレが清潔であるかどうか

プリスクールは多数のお子様が通うスクールです。スクール選びには衛生面も重要なチェックポイントです。
トイレが汚いようでは、感染症の拡大も考えられます。タオルを共用で使用していないかも確認してください。

スクールの雰囲気はどうか

スクール内の雰囲気は重要です。何より一番はお子様が楽しく通えるかどうかです。
そのためにはぜひ体験レッスンを受けてください。
保護者様から見た雰囲気と体験レッスンに行った時のお子様の反応もしっかりチェックしましょう。

カリキュラムや教材はしっかりしているか

プリスクールで英語が身につくためのカリキュラムや教材があるかどうかは非常に大切です。
ネイティブティーチャーがいるだけでは英語力は身につきません。
しっかり、カリキュラムや教材についての説明ができるスクールを選びましょう。

毎月スクールのテーマが決まっている

お子様がスクールの日々の生活の中で興味をもって英語に親しむには、季節感やお子様の好奇心をくすぐるカリキュラムも重要なポイントです。
日本の習慣との違いなどが分かるとさらに興味深く楽しくなりますね。

英語教育、幼児教育の相談ができるかどうか

プリスクールに通うお子様の年齢では、できることとできないことの個人差がまだ大きくあります。
周りと比べて不安になることもあるかもしれませんが、いつもお子様の成長を見守っているマネージャーやスタッフに英語教育や幼児教育の相談をしっかりできれば、安心ですね。

複数の先生がいるかどうか

1人のスタッフが目配り気配りできる人数は限られています。
プリスクール内に複数のネイティブティーチャーやバイリンガルスタッフがいることが望ましいです。

生徒同士が英語で話をしているかどうか

よいプリスクールはお子様同士でも英語で話をしています。
スクール内は英語を話す場所であるとお子様たちが理解している証拠です。