英語習得に有効なプリスクール

プリスクールナウ

プリスクールとは

本来、英語の【preschool】は幼稚園や保育所の意味ですが、日本ではとくに英語を基本とした環境で過ごすことを目的とする施設をプリスクールと指すことが多いようです。
英語のネイティブティーチャーと英語と日本語が話せるバイリンガルスタッフで構成されることが多く、学習カリキュラムが設けられています。
プリスクールの運営者はインターナショナルスクールや学習支援事業者などさまざまです。
またプリスクールを幼稚園入園前のお子様を対象に、無理なく集団生活ができるように設置される慣らし保育のクラスの名称として用いられていることもあります。

プリスクールのメリット

プリスクールでは、オールイングリッシュの環境のもと、お子様達が集団で生活するための基礎を学びます。
英語を学ぶのではなく、英語で生活しながら、無理なく英語に親しむことができます。
そのため早期英語教育には非常に効果の高いスクールともいえます。
また未就園児の場合、幼稚園に通ったときに集団生活になじみ易いメリットもあります。

プリスクールと英会話教室はどう違う?

プリスクールは保育園・幼稚園の要素が多いので、4~5時間という長い時間で設定されていることが多く、一般的な45~50分のお子様英会話教室とは英語に触れる時間がまったく異なります。
また、一般的なお子様英会話教室では週1回の通学ということが多いですが、プリスクールは週3~5回通うお子様も多くいらっしゃいます。
そのため、お子様英会話教室よりプリスクールに通っているお子様の方がオールイングリッシュの環境にどっぷり浸かることで英語力は飛躍的に向上します。

プリスクールはなぜ英語習得に有効なの?

プリスクールはオールイングリッシュの環境で長時間英語に触れることができるため、特に英語耳・英語脳を作るには非常に有効です。
お子様が将来バイリンガルになるための近道であることは、間違いありません。
www.kids-int.co.jp
inquiry